市場ニュース

戻る
2016年09月13日11時07分

【材料】バイオ関連軒並み高、前日急落の反動で個人投資家資金が集結

そーせい <日足> 「株探」多機能チャートより
 そーせいグループ<4565>、ペプチドリーム<4587>など時価総額上位のバイオベンチャーをはじめ、ナノキャリア<4571>、タカラバイオ<4974>、グリーンペプタイド<4594>、ヘリオス<4593>、カイオム・バイオサイエンス<4583>などバイオ関連が軒並み上昇している。

 市場では「前日は東証1部だけでなく新興市場の下げも顕著で、マザーズ指数は3%を超える下げとなった。これは、そーせいなどの急落が足を引っ張った格好だが、きょうは値ごろ感から個人投資家資金が買い向かっている」(大手ネット証券アナリスト)としている。きょうは外国為替市場で円高傾向にあることで、前日の米国株が急反発したとはいえ主力株が手掛けにくい状況。為替動向に影響されにくいセクターが好まれたという面もあったようだ。

 もっとも台風一過の全面高様相という感じも受けにくい。前出のアナリストは「東証1部同様マザーズ指数の上げ幅も小幅にとどまっており、バイオ関連株の戻り足の鈍さに、強気になり切れない疑心暗鬼の投資家心理が反映されている」とも指摘していた。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均