市場ニュース

戻る
2016年08月31日15時05分

【材料】デファクトは2110円で引ける、一時2380円まで上昇も後場換金売り優勢

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 きょう東証マザーズ市場に新規上場したデファクトスタンダード<3545>は、10時23分に公開価格1630円を670円(41.1%)上回る2300円で初値をつけた。その後、10時35分には2380円まで買われたものの、これをピークに前場は売り買いが交錯の展開。後場に入ると、上値が重いと見た換金売りが優勢となり、午後2時14分には1954円と2000円割れの水準まで下落。引けにかけてはやや持ち直したが、結局2110円で引けた。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均