市場ニュース

戻る
2016年08月29日10時04分

【市況】10時時点の日経平均は前日比355.80円高、デンソー、ファナック、野村が買い優勢

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時時点の日経平均は前日比355.80円高の16716.51円で推移している。為替市場で、ドル高が進行し、東京市場は買い優勢で取引を開始。大幅反発の日経平均は、16700円台まで上昇している。一方、マザーズ指数は前日比+0.7%と伸び悩む格好に。規模別株価指数では、円安を背景に大型株の上げが目立っている。なお、為替市場では、ドル・円は101円90銭台と、東京市場ではドルの上値は重い。

TOPIXコア30銘柄は、日立<6501>、デンソー<6902>、ファナック<6954>、村田製<6981>、トヨタ自<7203>、ホンダ<7267>、野村<8604>、東京海上<8766>、三井不<8801>、三菱地所<8802>が前日比3%超上昇している。一方、7&I HD<3382>のみマイナス圏での推移に。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均