市場ニュース

戻る
2016年08月28日09時00分

【注目】今週の「妙味株」一本釣り! ─ セレス

セレス <日足> 「株探」多機能チャートより

●セレス <3696> [東証M] 【目標株価】2500円(26日終値1630円)

「今期上振れに期待、フィンテック関連でも注目」

 国内最大級のポイントサイト「モッピー」などを運営。足もとは会員増を背景にインターネット広告収入が拡大し業績は好調で、16年12月期業績は上振れの可能性が高い。また、「ビットコイン」関連の複数のベンチャーと提携していることから フィンテック関連としても人気。さらに出資先のバリューデザ <3960> [東証M]が9月26日付でマザーズ上場を控えていることも注目したい。

 株価は6月6日に年初来高値2849円を付けた後、調整局面入りしたが、8月8日安値1463円で底打ち感が台頭している。本格反騰には至っていないが、今期業績に上振れ期待があること、フィンテック関連のテーマ性などを考慮すると、下値拾いの好機といえそうだ。

●ロゼッタ <6182> [東証M] 【目標株価】4500円(26日終値3505円)

「AIを駆使した自動翻訳機開発が追い風」

 同社は「我が国を言語的ハンディキャップの呪縛から解放する」をモットーに人工知能(AI)とWeb検索活用の自動翻訳サービス・ソフトを提供している。グローバル化の進展に伴い、特許や知財、医療分野などを中心に翻訳需要は拡大の一途にある。

 政府は人口知能やロボットなどの成長分野に対して、2020年をメドに30兆円規模の市場創出を戦略として掲げており、人口知能による自動翻訳事業を手掛ける同社には、強力な追い風になろう。17年2月期は、2025年にプロに匹敵する翻訳機を完成させるという目標に向けて研究開発費を増額することから、営業利益は2億4100万円(前期比11.6%増)とし、前期に比べて伸び率は鈍化するものの、2ケタ増益は確保する見込み。

 株価は6月24日の2677円を底値に3000円台を地相場にもみ合いを継続。25日移動平均線をサポートラインにボックス圏離脱の機が近い。


株探ニュース

日経平均