市場ニュース

戻る
2016年08月26日08時32分

【市況】26日の株式相場見通し=イエレン議長講演を前に手控えられ続落

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 26日の東京株式市場は、現地26日に米ワイオミング州ジャクソンホール会議で行われる、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演内容を見極めたいとの姿勢から引き続き手控えムードが強まりそうだ。26日の東京外国為替市場では、1ドル=100円50銭台での推移となっている。

 25日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比33.07ドル安の1万8448.41ドルと小幅続落した。ジャクソンホール会議での現地26日のイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を翌日に控えて、様子見姿勢が強まり方向感に乏しい推移のなか、利益確定の売りがやや優勢となった。ナスダック総合株価指数は、前日比5.491ポイント安の5212.204と小幅続落した。

 日程面では、安倍晋三首相が第6回アフリカ開発会議出席のためケニア訪問(~29日)、4~6月の年金積立金の運用成績、7月の消費者物価指数に注目。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長がジャクソンホール会議で講演、米4~6月期のGDP改定値が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均