市場ニュース

戻る
2016年08月18日12時33分

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反落、ソフトバンクGが約22円押し下げ

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

18日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり82銘柄、値下がり125銘柄、変わらず18銘柄となった。

日経平均は反落。前日比31.03円安の16714.61円(出来高概算8億2000万株)で前場の取引を終えた。17日の米国市場では、連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の公表を受けてNYダウが21ドル高となった。しかし、為替市場で1ドル=100円割れまで円高・ドル安が進んだことが嫌気され、日経平均は95円安からスタートした。寄り付き後には16560.20円(同185.44円安)まで下落する場面があったが、売り一巡後は日本銀行による上場投資信託(ETF)買い入れへの期待を支えに下げ渋る展開となった。

値下がり寄与トップはソフトバンクG<9984>となり、日経平均を約22円押し下げた。2.7%安で前場の取引を終えており、日経平均構成銘柄の下落率2位となった。前日に5000億円を上限とした自己株式の取得が終了したことを発表している。需給面での下支え一巡による影響が懸念されているようだ。構成銘柄の下落率トップはオリンパス<7733>で4.0%安だった。

一方、値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり、約23円の押し上げ要因に。ソフトバンクGを除き、同社やファナック<6954>など指数寄与度の大きい値がさ株は日銀のETF買いに対する思惑もあり堅調な展開となった。日経平均構成銘柄の上昇率トップはソニーFH<8729>で4.6%高、同2位はりそなHD<8308>で4.2%高だった。保険や銀行など金融関連株の上昇が目立った。


*11:30現在


日経平均株価  16714.61(-31.03)

値上がり銘柄数  82(寄与度+71.61)
値下がり銘柄数 125(寄与度-102.64)
変わらず銘柄数  18

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 37550 580 +22.66
<6954> ファナック 17570 245 +9.57
<8035> 東エレク 9000 219 +8.56
<6758> ソニー 3318 65 +2.54
<6367> ダイキン 9284 58 +2.27
<6479> ミネベア 926 35 +1.37
<1721> コムシスHD 1891 32 +1.25
<7269> スズキ 3282 30 +1.17
<7272> ヤマハ発 1929 27 +1.05
<6767> ミツミ 586 23 +0.90
<5333> ガイシ 2286 23 +0.90
<8015> 豊通商 2285 21 +0.82
<7735> SCREEN 1131 20 +0.78
<6952> カシオ 1447 19 +0.74
<5714> DOWA 666 19 +0.74
<3382> 7&I-HD 4406 19 +0.74
<6902> デンソー 4092 17 +0.66
<1332> 日水 526 16 +0.63
<8355> 静岡銀 782 16 +0.63
<8766> 東京海上 3917 32 +0.63

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG 6583 -184 -21.57
<9433> KDDI 3216 -25 -5.86
<7733> オリンパス 3260 -135 -5.27
<4523> エーザイ 5933 -125 -4.88
<6971> 京セラ 4892 -62 -4.84
<4507> 塩野義 4812 -103 -4.02
<4503> アステラス薬 1605.5 -20 -3.91
<4502> 武田 4597 -93 -3.63
<9735> セコム 7654 -77 -3.01
<1925> 大和ハウス 2576 -66 -2.58
<8801> 三井不 2148 -54 -2.11
<9766> コナミHD 3665 -50 -1.95
<2282> 日本ハム 2281 -45 -1.76
<4519> 中外薬 3430 -45 -1.76
<8830> 住友不 2732.5 -44.5 -1.74
<4901> 富士フイルム 3730 -37 -1.45
<1928> 積水ハウス 1588.5 -35 -1.37
<7203> トヨタ 5971 -35 -1.37
<4506> 大日住薬 1753 -34 -1.33
<6841> 横河電 1313 -28 -1.09

《MA》

 提供:フィスコ

日経平均