市場ニュース

戻る
2016年08月17日08時22分

【市況】まずは25日線レベルでの底堅さを見極め/日経225・本日の想定レンジ

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

[本日の想定レンジ]
 16日のNY市場は下落。ダドリーNY連銀総裁が年後半の経済成長に自信を示したほか、年内の追加利上げに前向きな発言を行ったことを受けて、利上げ観測が強まったことから売りが先行。ダウ平均は84.03ドル安の18552.02、ナスダックは34.90ポイント安の5227.11。シカゴ日経225先物清算値は大阪比40円安の16560円。
 シカゴ先物にさや寄せする格好からやや売りが先行しそうだが、前日に1ドル99円台をつけていた円相場がやや落ち着きをみせており、自律反発が意識されやすいところ。また、支持線として意識される25日線に接近しており、リバウンドを意識したタイミングになりそうだ。ただし、横ばい推移となるようだと、MACDの陰転シグナル発生が意識されてくる。まずは25日線レベルでの底堅さを見極めたいところか。16500-16700円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 16700円-下限 16500円

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均