市場ニュース

戻る
2016年08月15日13時04分

【市況】15日の上海株(前場):上海総合は2.3%高と大幅続伸、1ヶ月ぶりに200日線を回復

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

15日の上海総合指数は大幅続伸。前場は前日比71.631p高の3122.299p(同+2.35%)で取引を終えている。3100p台回復は1月以来のこととなる。


政策期待が追い風となっているもよう。先週12日に公表された7月の重要経済指標が軒並み低調な内容だったことを受けて「景気減速を回避するため、当局は年内に追加の景気刺激策を打ち出す」との見方が広がった。市場の一部では、8月中にも預金準備率が引き下げられるとの観測が浮上している。


本日の上昇を受けて、200日移動平均線を回復している。この水準を上抜くのは、昨年8月と1年ぶりのこと。ちょうど1年かけて昨年8月のチャイナ・ショック前の水準を取り戻した格好に。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均