市場ニュース

戻る
2016年08月15日12時49分

【市況】日経平均は21円安で後場スタート、売買代金トップはソフトバンクグで5%超の上昇/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 売買代金 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16898.61 (-21.31)
TOPIX  : 1320.01 (-3.21)

[後場寄り付き概況]
 日経平均は下げに転じて始まっている。ランチタイムの225先物は現物の前引け後に16930円を付けていたが、後場寄り付き直後には16860円まで押している。昼のバスケットは小幅に売り越しとの観測。円相場は1ドル101円30銭辺りと、朝方から横ばいで推移している。
 売買代金上位は引き続きソフトバンクグ<9984>が5%超の上昇。任天堂<7974>、Vテク<7717>、シャープ<6753>、キリンHD<2503>、ファナック<6954>、JT<2914>が堅調。一方で、トヨタ<7203>、そーせい<4565>、ファミリーマート<8028>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>が冴えない。
《WA》

 提供:フィスコ

日経平均