市場ニュース

戻る
2016年08月12日10時13分

【材料】セコムが3日ぶり反発、イベント警備で死角を検出するシステムを発売と報じられる

セコム <日足> 「株探」多機能チャートより
 セコム<9735>が3日ぶりに反発。11日付の日本経済新聞で「大規模イベントが開かれる会場の警備の死角や危険箇所を瞬時に検出するシステムを月内に発売する」と報じられており、業績への寄与を期待した買いが入っている。

 記事によると、3Dの立体地図を活用し、警備員の人手不足を補うという。国内外でテロの危険性が高まっていることから、官公庁やイベントを主催する団体などに導入を働きかけ、東京五輪での活用も目指す方針のようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均