市場ニュース

戻る
2016年08月09日09時02分

【市況】個別銘柄戦略:資源関連中心にリターンリバーサルの流れ継続か


前日に大幅上昇の反動から上値は限定的と見られるが、日銀のETF買いインパクトから大きな調整も想定しにくい。寄り前の外資系証券フローから海外投資家の資金流入も想定でき、本日も堅調な動きが見込まれよう。海外エネルギー関連株の上昇を背景に、資源関連株の強い動きが期待できるなど、引き続き全般的にはリターンリバーサルの流れが継続する公算は大きい。決算では大きなインパクトは乏しいが、カネカ、日本新薬、ロート、日本製鋼、日清食品、ブラザーといったところがポジティブか。一方、SCREENなどは目先の出尽し感警戒。ほか、武田薬品には買い推奨に格上げの動きなどが観測されている。

《KS》

 提供:フィスコ

日経平均