市場ニュース

戻る
2016年08月02日14時47分

【材料】アイレップ---第3四半期累計決算は大幅な増収増益で着地、通期でも大幅な増収増益を見込む

アイレップ <日足> 「株探」多機能チャートより

 

アイレップ<2132>は7月29日に2016年9月期第3四半期累計(2015年10月~2016年6月期)決算を発表。売上高が前年同期比37.8%増の568.74億円、営業利益が同3.9倍の14.24億円、経常利益が同3.8倍の14.04億円、四半期純利益が同3.9倍の7.65億円で着地した。

主力の広告代理事業は直販案件、大株主である博報堂DYグループとの協業案件とも売上高が大幅に増加。優位性のあるサーチ広告の強化に加え、データ・アドテクノロジーの進化を活用した高付加価値型の新商品群への取り組み成果も出た。広告周辺ソリューション事業も、コンテンツマーケティングソリューションの強化により拡大。今年1月に子会社化したニュース配信サイト運営会社も収益に寄与した。

2016年9月期通期では売上高が760.00~770.00億円(前期は580.23億円)、営業利益が16.00~17.00億円(同7.14億円)、当期純利益が9.00~10.00億円(同3.19億円)を見込む。第3四半期累計決算発表時に直近の業績予想を据え置いたものの、第3四半期終了時点で通期計画に対する営業利益の進捗率は80%を突破。通期計画の達成に向け売上・利益ともに順調に進捗していると考えられる。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均