市場ニュース

戻る
2016年08月01日07時00分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 日本ライフL、アートSHD、テレ朝HD (29日大引け後 発表分)

日本ライフL <日足> 「株探」多機能チャートより

※決算発表の集中期間(7月25日~8月12日)は、『決算特報』を毎日3本配信する予定です。

 1.★本日の【サプライズ決算】 速報  <16時>に配信
 2.★本日の【サプライズ決算】 続報  <18時>に配信
 3.★本日の【イチオシ決算】      <21時>に配信
ご注目ください。なお、配信時間は多少前後します。


 7月29日引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 日本ライフライン <7575>   ★今期最高益予想を44%上乗せ
 ◆17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.7倍の17.1億円に急拡大して着地。EPカテーテルを中心とする自社製品の医療器具の販売が大きく伸びたことが寄与。腹部用ステントグラフトなど外科関連製品の伸長も収益拡大に貢献した。
  第1四半期業績の好調に伴い、通期の同利益を従来予想の48.3億円→69.3億円に43.5%上方修正。増益率が35.2%増→94.0%増に拡大し、従来の18期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。

 ぐるなび <2440>   ★4-6月期(1Q)経常は20%増益で着地
 ◆17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比19.6%増の19.3億円に伸びて着地。地方展開の強化などが奏功し、飲食店販促支援サービスの有料加盟店が拡大したことが寄与。上期計画の28億円に対する進捗率は69.0%に達しており、業績上振れが期待される。

 アートSHD <3663> [東証2]  ★上期経常は108倍増益で上振れ着地・通期計画を超過
 ◆16年12月期上期(1-6月)の連結経常利益は前年同期比108倍の4億3000万円に急拡大し、従来の3100万円の赤字予想から一転黒字で着地。UI/UX事業で下期に予定していた好採算の組込み機器向けソフトを前倒しで販売したことが寄与。アニメ制作ソフトの販売が伸びたクリエイターサポート事業も収益を押し上げた。
  通期計画の3億0500万円を既に41.0%も上回っており、通期上振れが期待される。

 ライオン <4912>   ★今期最高益予想を10%上乗せ
 ◆16年12月期の連結経常利益を従来予想の200億円→220億円に10.0%上方修正。増益率が10.5%増→21.6%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。今期業績の上方修正は5月に続き、2回目。円高が響き売上は計画を下回るものの、主力の歯科関連製品や解熱鎮痛薬で高付加価値品の販売が想定より伸びる。コスト削減を進めたことも利益上振れに貢献する。

 テレ朝HD <9409>   ★4-6月期(1Q)経常は34%増益・上期計画を超過
 ◆17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比34.1%増の90.9億円に拡大して着地。スポット広告収入が伸びたうえ、4月に開局したインターネットテレビ局「AbemaTV」向けコンテンツ販売も寄与した。番組制作費の減少や販管費の抑制なども大幅増益に貢献した。
  上期計画の65億円を既に39.9%も上回っており、業績上振れが期待される。

株探ニュース

日経平均