市場ニュース

戻る
2016年07月22日15時43分

【特集】オープンドア Research Memo(9):長期的にグローバル市場でユーザー選択肢のNo.1サイトになることを目標

オープンドア <日足> 「株探」多機能チャートより

■中期経営戦略

オープンドア<3926>は中期経営計画を公表していないため、具体的な中期の数値目標はない。しかし、同社はユーザーの利便性の向上やコンテンツの充実を図ることで、日本国内における競争優位性を維持、拡大させる戦略である。同時に、「トラベルコちゃん」の運営を通じて得られたノウハウ等を活かし、旅行比較サイトの多言語化展開を加速度的に推進し、充実した旅行情報サービスを提供することにより訪日外人客の一段の取り込みを行うことでインバウンドを含めた海外向け事業の強化拡大を図る方針。加えて、既存の旅行関連商品の枠を超えた、新たな商品等の紹介・販売についても積極的に展開するとしている。これらにより中期的に売上高100億円の達成を目指していると考えられる。

その後については、先ずアジア地域において、外国から外国への旅行を企図するユーザーを取り込むことにより海外事業の基盤を確立、強化を行い、長期的に欧米地域への本格的な事業展開を行うことにより、グローバル市場でユーザー選択肢のNo.1サイトになることを目標として掲げている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正 )

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均