市場ニュース

戻る
2016年07月22日12時05分

【材料】クックパッド、国内大手証券は広告と多角化の先行きを見定める段階と指摘

クックパッド <日足> 「株探」多機能チャートより
 クックパッド<2193>が反落。ウリ気配で始まり、今日の安値圏で前場の取引を終えている。

 国内大手証券では、会員事業への経営リソース強化に伴う広告事業の先行き不透明感、レシピ事業強化に伴う特売情報などその他事業非継続の可能性、海外展開に伴う費用増などのリスクが、マネジメント体制の変化に伴い高まっていると指摘。

 広告と多角化の先行きを見定める段階と位置づけ、レーティング「ニュートラル」を継続、目標株価を2200円から1550円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均