市場ニュース

戻る
2016年07月22日08時31分

【市況】前場に注目すべき3つのポイント~為替主導での仕掛け的な動きも、押し目買い意欲の強さを意識

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

22日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:為替主導での仕掛け的な動きも、押し目買い意欲の強さを意識
■外資系証券の注文動向:差し引き490万株の買い越し
■前場の注目材料:富士フイルム、武田薬品に子会社買収の提案



■為替主導での仕掛け的な動きも、押し目買い意欲の強さを意識

22日の日本株市場は売り先行の展開となろう。21日の米国市場では原油相場の下げが嫌気され、NYダウは10営業日ぶりに反落。シカゴ日経225先物清算値は大阪比250円安の16560円となり、これにさや寄せする格好から利食い優勢の展開となろう。もっとも、海外株安の影響というよりは、為替の動向が重石になりそうである。昨晩、日銀の黒田総裁がBBCのラジオ番組でヘリコプターマネーについて否定的な発言をしたことを受けて、為替市場で円が買われ、1ドル105円台に乗せている。

黒田総裁の発言をめぐって円相場が乱高下するなか、仕掛け的な動きに向かいやすいところであろう。とはいえ、足元のリバウンドで短期的な過熱感が警戒されていたこともあり、想定内の一服と見ておきたい。そのため、売り一巡後の底堅さから、押し目買い意欲の強さが意識されてくるだろう。

日経平均は一目均衡表の雲を上放れているが、本日の調整によって支持線として意識される雲上限での攻防となる。雲上限での踏ん張りがみられるようなら、ショートカバーも入りやすくなりそうだ。また、黒田総裁発言の影響から円が買われているが、それでも1ドル105円台を上回っての推移であり、輸出関連企業への業績懸念が再燃することはなさそうだ。決算発表が本格化することで積極的には手掛けづらい需給状況でもあり、押し目拾いのスタンスとなろう。

物色は個別材料のほか、大規模な経済対策への思惑から前日のカジノ関連のほか、輸出関連の押し目拾いを意識。また、「ポケモノミクス」関連では、任天堂<7974>は利食い優勢となりそうだが、こちらも押し目狙いで対応。「ポケモノミクス」関連も広がりがみられてきており、長期テーマになりそうである。


(株式部長・アナリスト 村瀬智一)



■外資系証券の注文動向:差し引き490万株の買い越し

朝の外資系証券5社経由の注文状況は、売り770万株、買い1260万株、差し引き490万株の買い越しとの観測。なお、直近5日分の注文動向は以下の通り。


7月14日(木):10万株の買い越し
7月15日(金):140万株の買い越し
7月19日(火):620万株の買い越し
7月20日(水):600万株の買い越し
7月21日(木):40万株の買い越し


■前場の注目材料

・NYダウは下落(18517.23、-77.80)・NY原油(44.75、-1.00)
・大規模経済対策への期待、事業規模20兆円超
・特許出願動向、日本は自動運転で先行
・米6月中古住宅販売、1.1%増
・黒田総裁、ヘリコプターマネー不要
・米テスラ、バスやトラックにも参入
・富士フイルム<4901>、武田薬品<4502>に子会社買収の提案
・コマツ<6301>、米鉱山機械大手を買収
・東京ガス<9531>、電力契約40万件超え
・NEC<6701>や東京電力<9501>など9社、電力の売買仲介システムの実証実験へ


☆前場のイベントスケジュール


<国内>
・特になし


<海外>
・特になし

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均