市場ニュース

戻る
2016年07月19日18時14分

【為替】明日の為替相場見通し=106円前半の一進一退も

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、106円前半の一進一退が続きそうだ。予想レンジは1ドル=105円50~106円50銭。

 この日は、午前9時以降、下値を試す動きとなり午後1時過ぎには105円64銭まで値を下げた。ただ、その後は値を戻し欧州時間には106円00銭台へと値を戻した。15日も106円30銭台で上値を押さえられており、106円台を超えてくると売りが膨らんでくる。きょうからあすにかけては目立った経済指標の発表はなく、106円台前半での値動きが続く可能性がある。今晩は米6月住宅着工件数が公表される。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均