市場ニュース

戻る
2016年07月15日12時26分

【市況】円高トレンドは99.02円で終了した可能性、125円台を目指す円安トレンドへ転換

ドル円 <日足> 「株探」多機能チャートより
 ドル円相場は6月24日以来の1ドル=106円台まで円安が進行した。為替市場関係者は元FRBバーナンキ議長が来日した事、ヘリコプターマネーへの警戒感から円買いポジションの解消をしている模様。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、円高トレンドが終了して円安トレンドに転換した可能性を示している。テクニカル分析リポートによると、2015年6月5日を起点とした(1ドル=125.86円)円高波動は今年6月24日につけた1ドル=99.02円で終了した可能性があると指摘。

 当面は1ドル=106.84円を試しにいき、この水準を抜けてからは2023年ころの8年サイクル終了時には1ドル=125.86円を超える円安になろうと解説している。
《MK》

株探ニュース



日経平均