市場ニュース

戻る
2016年07月15日10時03分

【市況】10時時点の日経平均は前日比78.44円高、LINEの初値は5000円手前か

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時時点の日経平均は前日比78.44円高の16464.33円で推移している。欧米株の上昇を受けて、日経平均は5日続伸でスタート。為替市場では、ドル・円が105円50銭台、ユーロ・円が117円20銭台と朝方比ではともに20銭ほど円安に振れている。先物市場では、225先物の出来高は1.4万枚に留まっており3連休を前に積極的な売買はやや手控えられている様子。なお、マザーズ指数は前日比2%超のマイナスとさえない。

全市場の売買代金上位銘柄では、任天堂<7974>がレバレッジETF<1570>を上回る大商いとなっており年初来高値を更新。また、ファーストリテ<9983>が前日比15%超の大幅高で指数を165円押し上げている。一方、そーせい<4565>、ミクシィ<2121>が売り優勢。なお、本日上場を果たしたLINE<3938>は買い気配のまま。一部市場関係者は「気配値を見る限り初値は4900円辺り」と指摘している。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均