市場ニュース

戻る
2016年07月14日10時20分

【市況】国内有力証券、アベノミクス再始動との見方が日本株見直しに繋がる

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 東海東京調査センターでは、きのうの日経平均はフシ目の1万6500円を手前に戻り売りや利益確定売りに押されたものの、商いを伴いながら6月24日高値を一時突破しているため、チャート上は押し目買いパターンに変化の兆しを見せていると指摘。

 日本企業の業績不安は大きいものの、アベノミクスが再始動したとの見方が日本株の見直しの動きに繋がるとみて、政策の後押しが期待される建設株、食品株などの内需関連株や円高一服で過度に売り込まれた電子部品株に注目している。
《MK》

株探ニュース

日経平均