市場ニュース

戻る
2016年07月13日09時05分

【市況】個別銘柄戦略:不動産株や資源関連株などに注目


欧米株式市場の上昇に加えて、為替市場では一段の円安修正の動きになっている。本日の東京市場も買い先行の展開が見込まれるほか、高寄り後も上値追いの動きが期待できよう。中国の貿易収支などは、ややリスク要因ではあるか。全般的に景気敏感株のリバウンドが主導する状況に変化はなさそうだが、海外投資家の資金流入を見るうえではメガバンクの動向に引き続き注目。日銀の緩和策に対する期待感なども一段と高まっていることで、不動産などの緩和メリットセクターに注目。原油市況の上昇から資源関連株、経済対策への期待から建設セクターなどにも期待。GMOインタ、サイバーAG、ヘリオス、エムスリーなどの中小型成長株にはアナリストの新規買い推奨も観測。

《KS》

 提供:フィスコ

日経平均