市場ニュース

戻る
2016年07月12日17時07分

【市況】【↑】日経平均 大引け| 2日間で1000円高、世界株高と円安でリスクを取る姿勢強まる (7月12日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  15961.30
高値  16237.62(10:49)
安値  15956.91(09:01)
大引け 16095.65(前日比 +386.83 、 +2.46% )

売買高  26億0543万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆7742億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は大幅続伸、2日間で1000円上昇
 2.世界株高と円安でリスクを取る姿勢強まる
 3.金融株や不動産株が買われた
 4.任天堂が大商いの中、4連騰
 5.売買代金も6月24日以来の水準に回復

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは80ドル高と続伸。今年の最高値(終値ベース)を連日で更新し、昨年5月19日に付けた過去最高値まであと85ドルに迫った。好調な雇用統計が引き続き好感されたほか、世界株高や日本の経済対策への期待も追い風となった。

 東京市場では、前日の世界株高や為替の円安進行を背景にリスクを取る動きが継続、日経平均株価は一時1万6200円台まで買われる場面があった。大引けは前日比386円高の1万6095円と大幅に続伸し、2日間の上げ幅は1000円近くに達した。

 12日の東京市場は、前日の欧州株市場が軒並み高となり、米国株市場ではS&P500指数が最高値更新するなどリスク選好ムードが強まるなか、きょうの東京市場は主力株をはじめ広範囲に上値を買い進む動きが続いた。銀行やノンバンク、証券、保険、不動産などの金利敏感セクターに買いが集まった。外国為替市場で円安が進んだことも追い風となった。日経平均株価は大引けにかけやや伸び悩んだものの、終値ベースでは6月23日以来の1万6000円台回復となった。値上がり銘柄数は東証1部全体の82%を占め、売買代金も2兆7742億円と6月24日以来の水準に膨らんだ。

 個別では、任天堂<7974>が大商いで続急騰、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクも高い。ファーストリテイリング<9983>、ファナック<6954>が買われ、日本電産<6594>も物色人気となった。サノヤスホールディングス<7022>、イマジカ・ロボット ホールディングス<6879>がストップ高となり、ワイエイシイ<6298>も大幅高。
 半面、ネクソン<3659>、ローソン<2651>が売られ、明治ホールディングス<2269>も冴えない。AOI Pro.<9607>、ティー・ワイ・オー<4358>が利食われ、日医工<4541>も値を下げた。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、ファナック <6954> 、ソフトバンク <9984> 、KDDI <9433> 、京セラ <6971> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約113円。

 一方、マイナス寄与の上位5銘柄は明治HD <2269> 、日ハム <2282> 、ユニーGHD <8270> 、味の素 <2802> 、ニチレイ <2871> 。押し下げ効果は約7円と限定的。

 東証33業種のうち32業種が上昇し、下落は食料品のみ。上昇率の大きかった上位5業種は(1)その他製品、(2)その他金融業、(3)銀行業、(4)証券商品先物、(5)保険業。一方、上昇率の小さかった5業種は(1)電気・ガス業、(2)陸運業、(3)パルプ・紙、(4)医薬品、(5)卸売業。

■個別材料株

△アウン <2459> [東証M]
 前期経常を20%上方修正。
△プロパスト <3236> [JQ]
 今期経常は2%増益、9期ぶり2円で復配。
△サムティ <3244>
 販売用不動産ををサムティR <3459> [東証R]に売却。
△グラン <3261> [東証M]
 上期経常を39%上方修正。
△モブキャス <3664> [東証M]
 スマホ向けアプリ「【18】キミトツナガルパズル」を中国展開
△ネクシィーズ <4346>
 今期経常を26%上方修正。
△シーズHD <4924>
 米J&Jグループと資本業務提携。
△日本ラッド <4736> [JQ]
 東証が信用規制解除。
△サノヤスHD <7022>
 ポケモン関連として物色人気が波及。
△リョーサン <8140>
 中期計画変更による自社株買いと増配を実施。


▲ミサワ <3169>
 上期経常を一転5%減益に下方修正。
▲日医工 <4541>
 米後発薬のセイジェント社買収を発表も大型投資に警戒感。
▲インテリクス <8940> [東証2]
 今期経常は22%減益。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)サノヤスHD <7022> 、(2)イマジカロボ <6879> 、(3)キムラタン <8107> 、(4)リョーサン <8140> 、(5)任天堂 <7974> 、(6)ワイエイシイ <6298> 、(7)ネクシィーズ <4346> 、(8)銭高組 <1811> 、(9)シーズHD <4924> 、(10)竹内製作所 <6432> 。

 値下がり率上位10傑は(1)ミサワ <3169> 、(2)インテリクス <8940> 、(3)AOIプロ <9607> 、(4)ヒトコム <3654> 、(5)TYO <4358> 、(6)サカイ引越 <9039> 、(7)日医工 <4541> 、(8)ネクソン <3659> 、(9)ローソン <2651> 、(10)デジアーツ <2326> 。


【大引け】

 日経平均は前日比386.83円(2.46%)高の1万6095.65円。TOPIXは前日比29.94(2.38%)高の1285.73。出来高は概算で26億0543万株。値上がり銘柄数は1616、値下がり銘柄数は282なった。日経ジャスダック平均は2459.70円(18.15円高)。

[2016年7月12日]

株探ニュース

日経平均