市場ニュース

戻る
2016年07月11日18時05分

【為替】明日の為替相場見通し=円安方向へ戻り試す局面に

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、円安方向への戻りを試す局面となりそうだ。予想レンジは1ドル=101円70~103円00銭。

 この日は、10日の参議院選挙が与党の勝利となったことを受け、日経平均株価が大幅高となり、為替相場もドル買い・円売りが優勢の展開。夕方の欧州時間に入り102円前半まで円安が進行した。先月下旬の英国の国民投票による欧州連合(EU)離脱決定以降、リスクオフからのドル安・円高基調が続いた。しかし、先週末8日は99円98銭前後が安値となったことから、当面の下値確認から反発を探る局面を迎えつつある。NYダウなど海外市場に左右される面が強いが、状況次第では102円後半から103円を意識する展開も予想される。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均