市場ニュース

戻る
2016年07月07日10時46分

【経済】(中国)上海総合指数は0.26%安でスタート、大手デベロッパーの急落などを警戒

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

7日の上海総合指数は売り先行。前日比0.26%安の3009.35ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時39分現在、0.41%安の3004.91ptで推移している。上海総合指数は前日まで4連騰しており、足元の高値警戒感から利益確定売りが優勢になっている。また、万科企業などデベロッパー大手の大幅下落も指数の足かせに。ほかに、元安進行も資金の海外流出懸念を強めている。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均