市場ニュース

戻る
2016年07月06日11時42分

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:ハニーズ、キユーピー、アンジェス、ナノキャリア

ハニーズ <日足> 「株探」多機能チャートより
■ハニーズ <2792>  1,332円  +185 円 (+16.1%)  11:30現在  東証1部 上昇率3位
 5日、ハニーズ <2792> が決算を発表。16年5月期の連結経常利益は前の期比74.0%減の11.4億円に落ち込んだものの、続く17年5月期は前期比2.9倍の33億円にV字回復する見通しとなったことが買い材料。今期は国内と中国で75店を新規出店する一方、90店の不採算店舗閉鎖を計画する。ミャンマー工場の生産性向上なども利益回復に貢献する。

■キユーピー <2809>  3,370円  +265 円 (+8.5%)  11:30現在  東証1部 上昇率5位
 キユーピー<2809>が3日ぶりに急反発し逆行高。SMBC日興証券がポジティブなリポートをリリースしている。リポートによると、中国をはじめとしたアジアでの調味料・加工食品の成長期待は株式市場でも認知され始めたとみられるものの、同社が国内でも収益性を高める動きを加速している点は十分に認知されていないとの見解を示している。同証券による16年11月期の営業利益予想を295億円から304億円へ、17年11月期は347億円から351億円へ、18年11月期は392億円から394億円へ増額している。同証券ではまた、目標株価を3770円から3970円へ引き上げ、投資評価は「1」(アウトパフォーム)を継続。新しい目標株価は前日終値3105円と比べ27.9%高い水準にあり、買い手掛かり材料視されている。

■トーセイ <8923>  770円  +3 円 (+0.4%)  11:30現在
 5日、トーセイ <8923> が16年11月期の連結税引き前利益を従来予想の65億円→80.2億円に23.3%上方修正。増益率が7.7%増→32.9%増に拡大し、9期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料。一棟販売物件の売却時期見直しで売上は計画を下回るものの、上期に販売した収益商業ビルなどの売却益が想定より膨らんだことが利益を押し上げる。業績上振れに伴い、期末一括配当を従来計画の18円→22円(前期は16円)に増額修正。前日終値ベースの配当利回りが2.87%に上昇したことも支援材料。

■アンジェス MG <4563>  443円  -100 円 (-18.4%) ストップ安売り気配   11:30現在
 アンジェス MG<4563>がストップ安。5日の取引終了後、NF-κBデコイオリゴDNAを用いたアトピー性皮膚炎治療薬の国内第3相臨床試験の結果が判明したと発表し、同薬とプラセボ(偽薬)投与群との間で統計学的な有意差は示されなかったとしたことから、失望売りが出ているようだ。同試験は、顔面に中等症以上の皮疹を有するアトピー性皮膚炎患者(16歳以上)221例を対象とした、NF-κBデコイオリゴDNA軟膏製剤の有効性と安全性を評価する多施設共同、プラセボ対照、二重盲検、ランダム化比較試験。なお、同件による16年12月期業績への影響は現在精査中としている。

■ナノキャリア <4571>  1,028円  -212 円 (-17.1%)  11:30現在
 ナノキャリア<4571>が急落。5日の取引終了後、日本化薬<4272>が開発を進めている抗がん薬内包高分子ミセルNK105の転移・再発乳がんを対象とした第3相臨床試験において、主要評価項目が達成されなかったと発表したことを受けて、NK105の導出元である同社に失望売りが出ているもよう。また、日化薬も大幅続落となっている。同試験は、転移・再発乳がんを対象とした、NK105群とパクリタキセル製剤群との週1回投与による有効性・安全性を比較する無作為化・国際共同試験で、主要評価項目は無増悪生存期間の統計学的な非劣性だった。これに対してナノキャリアは「当社の主要パイプラインとは、根幹をなす技術的な相違があること、また、日本化薬とのライセンス契約は当社の独自技術としては初期段階における技術導出であることから、この発表による当社の今期の業績には影響がない」とコメントしている。

■アドヴァン <7463>  974円  -180 円 (-15.6%)  11:30現在  東証1部 下落率トップ
 アドヴァン<7463>が急落。同社は5日の取引終了後、17年3月期の第1四半期(4~6月)連結決算を発表。売上高は47億3400万円(前年同期比3.5%増)、営業利益は12億3900万円(同8.0%減)、最終損益は2億5100万円の赤字(同9億6800万円の黒字)と最終赤字を嫌気している。直近における英国のEU離脱問題の余波による急激な円高進行の影響により、36カ月を超える為替予約について洗い替えなどによるデリバティブ評価損として、15億100万円を計上している。通期業績は売上高215億円(前期比10.1%増)、営業利益64億円(同4.3%増)、純利益44億円(同40.7%増)と従来見通しを据え置いた。

■アスクル <2678>  3,270円  -415 円 (-11.3%)  11:30現在  東証1部 下落率2位
 アスクル<2678>が大幅安で3日続落。同社は5日の取引終了後、17年5月期の連結業績予想を発表。売上高は3480億円(前期比10.5%増)、営業利益は95億円(同11.5%増)、純利益は55億円(同4.6%増)と増収増益を見込んでいるが株価は全般の地合い悪に押される展開。「1時間単位の指定」、「30分単位のお届け予定」、「10分前の直前お知らせ」の3つの時間を約束する新たな配送サービス「LOHACO Happy on Time」開始による準備のための先行費用として7億円の支出を予定、収益力改善のため「LOHACO」の高収益カテゴリーの強化を図る計画。

■マツダ <7261>  1,230円  -103.5 円 (-7.8%)  11:30現在  東証1部 下落率9位
  マツダ<7261>やセイコーエプソン<6724>など欧州関連株が急落。シマノ<7309>も新安値に売られた。英国の欧州連合(EU)からの離脱決定による不動産市況の悪化懸念などで5日に英ポンドは31年ぶり安値に下落。また、イタリアでは株価急落を受け銀行への公的資金注入の救済策が検討されるなど、欧州懸念が再燃している。これを受け、欧州向け売り上げ比率が高い関連銘柄は、売りに押される展開となっている。

■アシックス <7936>  1,597円  -126 円 (-7.3%)  11:30現在
 アシックス<7936>が年初来安値を更新。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、円高進行、米国での在庫調整の遅れ、2016秋冬シーズンの受注の伸び悩みを指摘。従来は16年12月期の第2~3四半期と見ていた業績の底打ちが、17年12月期に遅れる可能性が高まったとみて、円高の状況下ではバリュエーションの上昇も期待し難く、株価のアップサイドは限定的と解説。レーティングを「オーバーウエイト」から「ニュートラル」に、目標株価を2900円から1820円に引き下げている。

■住友不動産 <8830>  2,580円  -176.5 円 (-6.4%)  11:30現在
 住友不動産<8830>が急落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、バリュエーション縮小の背景として、外需系を中心とした日本企業の業績悪化によりビルの賃貸事業のリスクが高まること、景気や株式市場低迷によりマンション市況のクラッシュ(販売戸数と価格の大幅調整)のリスクが高まることと指摘。円高で中期業績悪化を警戒する局面と位置づけ、レーティングを「ニュートラル」から「アンダーウエート」に、目標株価を3400円から2500円に引き下げている。

■三井不動産 <8801>  2,165.5円  -139 円 (-6.0%)  11:30現在
 三井不動産<8801>や三菱地所<8802>など不動産株が軒並み安。英国の欧州連合(EU)離脱に伴う世界景気減速懸念が再燃。特に、5日には英資産会社が不動産ファンドの取引を停止することが伝わった。英国のEU離脱による同国の不動産価格の下落懸念が強まっており、海外不動産ファンドの運用成績の悪化は日本の不動産への売りによる投資資金の引き揚げにつながる、との懸念も出ている。

■関東電化工業 <4047>  1,045円  -50 円 (-4.6%)  11:30現在
 東海東京調査センターでは、今日の日本株は円高による輸出関連株の業績不安や世界的な金融株下落がセンチメントを冷やすと指摘。来週のウィークリーでは成長領域に強みを有しバリュエーションの割安感もある関東電化工業<4047>と富士製薬工業<4554>をピックアップ。米国株に関しては、ドル高・原油安の一巡によって年後半の業績回復が期待できるとみて、「米企業の決算発表前の調整局面は押し目買いで臨みたい」との見解を示している。

■IHI <7013>  275円  -13 円 (-4.5%)  11:30現在
 IHI<7013>が続落。5日付で三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティング「ニュートラル」継続、17年3月期は通期連結営業利益で会社側計画の650億円(前期220億4800万円)に対して従来予想の620億円から500億円へ、18年3月期を755億円から680億円へ引き下げた。1ドル=115円から100円へ為替前提を変更、海洋構造物などの大型案件での追加費用発生リスクが依然として残るため、悪材料出尽くしとは言い難いと指摘している。

■スカパーJ <9412>  448円  -21 円 (-4.5%)  11:30現在
 スカパーJSATホールディングス<9412>が続落。いちよし経済研究所では、一部の衛星の打ち上げが延期となり、再打ち上げも未定と指摘。「スカパー!」の累計加入件数は減少が続いている事も勘案して、17年3月期営業利益予想を262億円から229億円(会社計画は210億円)に引き下げ。レーティングを「A」から「B」に、フェアバリューを750円から590円に引き下げている。

●ストップ高銘柄
 エスプール <2471>  1,024円  +150 円 (+17.2%) ストップ高買い気配   11:30現在
 ソフトブレーン <4779>  708円  +100 円 (+16.5%) ストップ高   11:30現在
 共同ピーアール <2436>  765円  +100 円 (+15.0%) ストップ高   11:30現在
 以上、3銘柄

●ストップ安銘柄
 アンジェス MG <4563>  443円  -100 円 (-18.4%) ストップ安売り気配   11:30現在
 以上、1銘柄

株探ニュース

日経平均