市場ニュース

戻る
2016年07月04日09時00分

【市況】個別銘柄戦略:小型株などへ値幅取り狙いの資金が向かいやすい

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

こう着感の強い相場展開になりそうだ。先週の日経平均は5日続伸と自律反発をみせていたこともあり、利食いも出やすいほか、米国市場が休場となるため、海外勢のフローも期待しづらいところ。今週は米雇用統計が予定されており、週後半にかけて手掛けづらくなりそうである。

そのため、内需・ディフェンシブ系のほか、良好なIPO状況など資金回転が利いている中小型株などへ値幅取り狙いの資金が向かいやすいとみておきたい。マザーズ指数は6月24日の英国のEU離脱ショックの下落分を吸収し、25日線に接近してきている。また、テーマ株としては、ドイツのBMWが、5年以内に自動運転車を米インテルなどと共同で量産化すると伝えられており、関心が向かいそうだ。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均