市場ニュース

戻る
2016年07月04日08時47分

【市況】4日の株式相場見通し=前週急上昇の反動で利益確定売り先行

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 4日の東京株式市場は、前週の急ピッチな戻りの反動もあり、売り先行の展開となりそうだ。外国為替市場での円高・ドル安進行も買い手控え材料として意識されそうだ。4日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=102円50銭台での推移となっている。

 1日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比19.38ドル高の1万7949.37ドルと大幅高で4日続伸した。アジアや欧州の主力株式市場が堅調に推移したことを好感して買い優勢となり、NYダウ平均株価は一時、1万8000ドルを上回る場面があったものの、午後には3連休を前にして手控えムードが強まった。ナスダック総合株価指数は、前日比19.895ポイント高の4862.567と4日続伸した。

 日程面では、日銀短観6月調査「企業の物価見通し」、6月のマネタリーベース、米株式市場は独立記念日の祝日で休場(冨田康夫)

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均