市場ニュース

戻る
2016年06月13日20時06分

【経済】急騰した上海鉄鋼の原因と影響範囲は?、サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。

今日は商品について気になる情報を松永さんから頂きましたので取り上げたいと思います。

上海鉄筋(上海螺子鋼)が6営業日続伸、加えて本日はストップ高寸前まで急伸しているというのです。

松永さんによると、
『中国の商品市場最大の売買高を誇る上海鉄筋(上海螺子鋼)がストップ高寸前まで急騰し、それに追随して上海ゴムや上海非鉄金属銘柄の多くが急伸しております。』とのこと。

また『中国の河北省唐山市政府が地元鉄鋼メーカーに対して大気汚染を理由に今月14~21日の減産を指示しました。河北省の鉄鋼生産量は、中国全体の2割を占めます。鉄鋼の減産が見込まれることに本日の鉄鋼価格が反応した模様。』とおっしゃっています。

本日の上海鉄鋼が急騰した理由については、『鉄鋼価格が4月下旬から5月末にかけて暴落した反動も加わり、本日の上海鉄鋼が急騰した模様。』と説明されています。

さらに、松永さんは
『ここは、中国の鉄鋼銘柄を中心とした上海ゴムや上海非鉄金属銘柄の急騰に追随した見方も一考かもしれません。』と仰っていました。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の6月13日付の「天然ゴム市場パート2「上海鉄筋がストップ高寸前まで急騰」」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子

《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均