市場ニュース

戻る
2016年03月14日08時00分

【市況】もち合いレンジの上限突破を試す展開/日経225・本日の想定レンジ


[本日の想定レンジ]
 11日のNY市場は上昇。欧州中央銀行(ECB)による昨日の追加緩和策の発表を受けて、アジア・欧州株が全面高となり、米国株にも買いが先行。国際エネルギー機関(IEA)が原油相場の底打ちを指摘したことで原油相場が一時39ドルを超す上昇となったことも好感され、終日堅調推移となった。ダウ平均は218.18ドル高の17213.31、ナスダックは86.31ポイント高の4748.47。シカゴ日経225先物清算値は大阪比200円高の17050円。
 シカゴ先物にさや寄せする格好から、これまでのもち合いレンジの上限突破を試す展開になりそうだ。価格帯別出来高では16900-17100円レベルで商いが膨らんでいる。これをクリアしてくると、18900円処までは比較的薄いため、節目の18000円は通過点となる可能性がある。一目均衡表をみると、雲下限に上値を抑えられる可能性が高そうだが、遅行スパンは上方転換シグナルを発生させてくる確率が高まっている。雲上限は今週、18014円辺りから週末には17440円辺りまで切り下がるため、一気に突破してくる可能性はある。
 ボリンジャーバンドでは+1σを突破してきており、+2σとのレンジに移行する展開が意識されてきそうである。16950-17200円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

 シカゴ先物にさや寄せする格好から、これまでのもち合いレンジの上限突破を試す展開になりそうだ。価格帯別出来高では16900-17100円レベルで商いが膨らんでいる。これをクリアしてくると、18900円処までは比較的薄いため、節目の18000円は通過点となる可能性がある。一目均衡表をみると、雲下限に上値を抑えられる可能性が高そうだが、遅行スパンは上方転換シグナルを発生させてくる確率が高まっている。雲上限は今週、18014円辺りから週末には17440円辺りまで切り下がるため、一気に突破してくる可能性はある。上限 17200円-下限 16950円

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均