市場ニュース

戻る
2016年02月24日19時10分

【経済】ビットコイン---取引所は増加傾向、利便性の向上でユーザーは増加も


過去はビットコインの国内取引所といったら破綻したMt.Goxのみという状況であったが、現在では7つの取引所が国内でサービスを行っている。グローバルでも56の取引所があり、その数は増加傾向にある。

各取引所がサービスを競うことでユーザーの利便性が増し、取引のみならずビットコインを活用する層が増すことも考えられる。現状においてはユーザーインターフェースの工夫やマルチデバイス対応など取引しやすさに加え、売買手数料、売ってくれるもしくは買い取ってくれるAskとBitの差であるスプレッドの狭さなどが競争の主戦場となっている。

また、信用取引を行うことができ、Quoineなど最大25倍のレバレッジをかけることのできる取引所もある。ただし、流動性の観点から価格が乱高下すると、レバレッジの解消による価格の更なる乱高下を招くこともある点に留意が必要だろう。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均