市場ニュース

戻る
2016年02月03日14時32分

【材料】米系大手証券は通信株を強気推奨、NTT、NTTドコモ、KDDIの配当魅力に着目

NTT 【日足】
多機能チャートへ
NTT 【日中足】

 米系大手証券の通信セクターのリポートでは、日銀マイナス金利導入で配当利回り銘柄の魅力は高まったと指摘。

 欧州でマイナス金利が導入されたとき、配当銘柄が市場をアウトパフォームしたという事例だけでなく、大手3社(NTT<9432>、NTTドコモ<9437>、KDDI<9433>)は極めて魅力的な配当展望を持つと評価して、「今後の増配額には追加のポジティブサプライズが期待できる」と解説。日本の通信セクターを強気推奨している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均