市場ニュース

戻る
2016年02月03日11時08分

【材料】生化学が急落、関節機能改善剤「アルツ」の適応追加開発中止

生化学 【日足】
多機能チャートへ
生化学 【日中足】

 生化学工業<4548>が急落。一時、前日比205円安の1632円まで売られた。同社は2日取引終了後に、関節機能改善剤「アルツ」の腱・靱帯付着部症適応追加の開発を中止すると発表。第3相臨床試験で期待していた有効性を明確には見いだせなかったためとしており、これが売り材料視されているようだ。

 なお、同時に16年3月期第3四半期累計(15年4~12月)の連結決算も発表。売上高は234億3700万円(前年同期比6.2%増)、営業利益は27億4300万円(同20.6%増)で着地した。通期業績予想は従来計画を据え置いている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均