市場ニュース

戻る
2016年01月29日16時38分

【特集】タナベ経営 Research Memo(12):4期連続の増配予定


■財務状況と株主還元策

(2)株主還元策

株主還元策として、タナベ経営<9644>では配当金と株主優待制度を導入している。配当金に関しては配当性向60%を目安に、業績等を勘案(特殊要因は除く)しながら検討していくとしている。2016年3月期は前期比4.0円増配の37.0円(配当性向56.2%)と4期連続の増配を予定しており、今後も収益拡大が続けば増配が期待されよう。

また、株主優待制度としては9月末時点の株主に対してオリジナル手帳「ブルーダイアリー」を1冊(3,000円相当)贈呈している。1月22日現在の株価水準(1,080円)を基準にすると、配当利回りは約3%、株主優待も含めると約6%の投資利回りとなる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均