市場ニュース

戻る
2016年01月15日15時56分

【材料】健康CP--RIZAPの急進で好決算、発表も1ヶ月近く前倒しで思惑

RIZAP 【日足】
多機能チャートへ
RIZAP 【日中足】


健康コーポレーション<2928>は1月15日の取引終了後、2016年3月期の第3四半期を発表した。売上高は前年同期比39.3%増の395.14億円、営業利益は同2.5倍の35.33億円と大幅な増収増益で着地。第3四半期単体では四半期ベースで過去最高となる営業利益20.09億円を達成し、2016年3月期の予想である営業利益50.04億円(前期比137.4%増)に向けて順調な推移と言える。

特に美容・健康関連事業のRIZAPの伸びが目立つ。同事業の売上高は前年同期比51.2%増の218.20億円、営業利益は同166.0%増の41.67億円。同社プロデュースによる積極的な広告宣伝活動が奏功し、新規獲得会員数を更に伸長している。累計会員数が4.4万人を超え、第3四半期までに大型店8店舗(サテライト店からの転換2店舗含む)を出店するとともに、RIZAPのサービスを生涯に渡って利用してもらう取組みにより、再度契約する顧客が増加傾向にあることも奏功した。

また、同時に1株あたり配当予想は従前の9.18円~9.66円より9.15円~9.63円に修正されているが、計算に期中平均株式数を用いているためであり、配当総額の予想に変更はない。

前期の第3四半期決算発表日は2月12日であり、発表を1ヶ月近く前倒しすることで株主への発信スタンスを大きく前進させている点からも、その背景への思惑が高まりそうだ。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均