市場ニュース

戻る
2016年01月07日09時01分

【特集】3Dマトリックス Research Memo(7):2018年4月期には米国市場での新たな承認取得を収益に見込む


■今後の見通し

(3) 2018年4月期業績計画

スリー・ディー・マトリックス<7777>の2018年4月期の事業収益の内訳は、止血材の製品販売で9,090百万円、粘膜隆起材もしくは歯槽骨再建材の契約一時金・マイルストーン収益で751百万円を見込んでいる。止血材の製品売上高の内訳は、欧州及び日本で約4,500百万円、アジア・中南米で約2,000百万円となるほか、新たに承認取得が見込まれる米国市場で約2,500百万円を見込んでいる。

事業費用としては、製品売上高の拡大に伴う売上原価の増加があるものの、研究開発費及び販管費の増加はほぼ一段落する。このため、営業利益は増収効果によって3,010百万円に拡大する見通しである。

なお、中国市場における止血材の展開については、現在パートナー企業を探索中であり、決定次第治験の準備を進めていく予定となっている。研究開発費として2018年4月期に一部、中国での治験費用も織り込んでいる。

また、創傷治癒材に関しては今回の中期経営計画では事業収益に織り込んでいない。同社の戦略として、薬剤と混合するコンビネーション製品での開発を基本方針として開発を進めていく方針となっているためだ。ただ、前述したように単材として事業化が進むようであれば、上乗せ要因となる可能性がある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均