市場ニュース

戻る
2015年12月18日08時05分

【市況】ボリバン-1σと中心値(25日)とのレンジ内での推移/日経225・本日の想定レンジ


[本日の想定レンジ]
 17日のNY市場は下落。FOMC(連邦公開市場委員会)での利上げ決定後の大幅上昇に対する利益確定の売りが先行する中、原油先物価格が再び35ドルを割り込んだことが嫌気されている。ダウ平均は253.25ドル安の17495.84、ナスダックは68.58ポイント安の5002.55。シカゴ日経225先物清算値は大阪比110円安の19230円。

 シカゴ先物にさや寄せする格好から、利食い優勢の展開になろう。もっとも、昨日の大幅上昇で一時19500円を回復し、25日線レベルに接近していたこともあり、自律反発としてはいったんは達成感も出やすいところである。ボリンジャーバンドでは-1σと中心値(25日)とのレンジ内での推移が続くとみられる。ただし、終値ベースで19373円をクリアできないと、26週線が上値抵抗として意識されやすく、調整色が強まりやすいだろう。19200-19400円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 19400円-下限 19200円

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均