市場ニュース

戻る
2015年12月08日09時12分

【材料】アンジェスが急伸、HGF遺伝子のリンパ浮腫を対象とした特許が欧州で成立

アンジェス 【日足】
多機能チャートへ
アンジェス 【日中足】

 アンジェス MG<4563>が急伸。7日の取引終了後、HGF遺伝子によるリンパ管新生促進剤を対象とした特許が欧州で成立したと発表しており、今後の事業展開への貢献を期待した買いが入っている。

 同特許発明はHGF遺伝子を活性成分とするリンパ管新生促進剤で、患部またはその周辺に筋肉内投与により投与されることを特徴とする薬剤に関するもの。日本では既に登録されており、HGF遺伝子によるリンパ浮腫の治療法を多面的に保護することになるとみられている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均