市場ニュース

戻る
2015年12月07日20時00分

【注目】【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月7日発表分)


 【好材料】  ――――――――――――

■東建コーポ <1766>
上期経常を94%上方修正・9期ぶり最高益、通期も増額。

■日基技 <1914>
発行済み株式数(自社株を除く)の0.06%にあたる1万7000株(金額で887万円)を上限に、8日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は7日終値の522円)を実施する。

■タケエイ <2151>
子会社の津軽バイオマスエナジーが12月1日から売電を開始した。

■アルトナー <2163> [JQ]
2-10月期(3Q累計)経常が78%増益で着地・8-10月期も43%増益。

■学情 <2301>
今期経常は34%増で10期ぶり最高益、4円増配へ。

■ツクイ <2398>
11月介護サービス利用者数は前年同月比6.4%増と、今期に入り8ヵ月連続で前年実績を上回った。

■伊藤園 <2593>
11月ドリンク事業売上高は3.4%増だった。

■カネ美食品 <2669> [JQ]
11月売上高は前年同月比2.4%増だった。

■ゲオHD <2681>
11月メディア系店舗の既存店売上高は前年同月比1.1%増と、7ヵ月ぶりに前年実績を上回った。

■セリア <2782> [JQ]
11月既存店売上高は前年同月比0.5%増と、5ヵ月連続で前年実績を上回った。

■ビックカメラ <3048>
中国・国美電器が12日に開設する日本製品を専門に取り扱う越境ECサイト「国美海外購日本館」に出店する。複数メディアの報道が先行していたが正式発表された。

■大光 <3160> [東証2]
11月全社売上高は前年同月比8.4%増と、今期に入り6ヵ月連続で前年実績を上回った。

■シュッピン <3179>
11月売上高は前年同月比9.6%増と、今期に入り8ヵ月連続で前年実績を上回った。うちEC売上高は同34.1%増だった。

■日本管理C <3276>
11月管理戸数は17.9%増と、今期に入り11ヵ月連続で前年を上回った。

■フライングG <3317> [JQ]
11月既存店売上高は前年同月比0.4%増と、8ヵ月連続で前年実績を上回った。

■メガネスーパ <3318> [JQ]
上期最終は黒字浮上で上振れ着地。

■クスリアオキ <3398>
今期経常を一転13%増益に上方修正・最高益更新へ。

■ファインデ <3649>
今期配当を2円増額修正。

■アプリックス <3727> [東証M]
飲食店向け業務用浄水器の海外大手メーカーとフィルター売上のレベニューシェア契約を締結。フィルターの利用状況と交換を通知するIoT対応水量センサーを開発した。

■ネオジャパン <3921> [東証M]
2-10月期(3Q累計)経常は3.6億円・通期計画を超過。

■電通 <4324>
11月単体売上高は前年同月比6.4%増の1388億円だった。また、シンガポール・香港でBtoB領域に特化した広告マーケティングのソリューションを提供するバンド社の全株式を取得し完全子会社化する。

■アンジェス <4563> [東証M]
HGF遺伝子によるリンパ管新生促進剤を対象とした医薬特許が欧州で成立。

■大塚HD <4578>
抗精神病薬「エビリファイ」について、小児期の自閉性障害に伴う興奮性の効能を追加するため、国内販売承認申請を行った。

■アンドール <4640> [JQ]
ポリゴンデータ編集システム「STL 工房2」を来年1月に発売開始。ポリゴンとは3次元立体図形に使用する多角形のこと。同システムは大容量ポリゴンデータを簡略化する。

■NIC <5742> [JQ]
今期配当を1円増額修正。

■アサンテ <6073>
11月売上高は前年同月比3.0%増の10.4億円と、2ヵ月連続で前年実績を上回った。

■パンチ <6165>
8日付で貸借銘柄に選定された。流動性が向上し売買活性化が期待される。

■タツモ <6266> [JQ]
東証が8日売買分から信用取引の臨時措置(委託保証金率を50%以上[うち現金20%以上]とする)を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除。

■OSGコーポ <6757> [JQ]
1月19日現在の株主を対象に1→1.1の株式分割を実施する。8-10月期(3Q)経常は11倍増益、今期配当を実質増額修正。

■エスペック <6859>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.72%にあたる40万株(金額で6億2960万円)を上限に、8日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は7日終値の1574円)を実施する。

■ライフネット <7157> [東証M]
11月の新契約件数は前年同月比22.4%増の2255件だった。

■ドウシシャ <7483>
東日本の拠点として物流センターを建設するため、千葉県木更津市の土地を取得。取得価額は25.2億円。

■ハンズマン <7636> [JQ]
12月31日現在の株主を対象に1→1.5の株式分割を実施する。最低投資金額は現在の3分の2に低下する。

■萩原工業 <7856>
今期経常は5%増で2期連続最高益、前期配当を10円増額・今期も50円継続へ。また、中期経営計画を策定。18年10月期に経常利益28億円(15年10月期実績は23.9億円)を目指す。

■ナカバヤシ <7987>
発行済み株式数(自社株を除く)の0.36%にあたる20万株(金額で6340万円)を上限に、8日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は7日終値の317円)を実施する。

■MV東海 <8198> [東証2]
11月既存店売上高は前年同月比1.7%増と、8ヵ月連続で前年実績を上回った。

■スパークス <8739> [JQ]
11月末の運用資産残高は前月末比366億円(3.9%)増の9600億円だった。

■日住 <8854> [東証2]
今期配当を2円増額修正。

■ANAHD <9202>
成田と中国・武漢を結ぶ直行便を来年4月28日開設する。中国への旅客便は11都市に拡大。

■トーシン <9444> [JQ]
上期経常が44倍増益で着地・8-10月期は黒字浮上。

■アサツーDK <9747>
11月単体売上高は前年同月比1.2%増だった。

 【悪材料】  ――――――――――――

■ワッツ <2735>
11月100円ショップ既存店売上高は1.8%減と、今期に入り初めて前年実績を下回った。

■サッポロドラ <2786>
65万株の公募増資とオーバーアロットメントによる売り出しに伴う上限9万7500株の第三者割当増資を実施する。新株発行は最大で発行済み株式数の18.6%におよぶ規模。発行価格は14日から17日までのいずれかの日に決定。最大で21億3400万円の調達資金については、18億円をインバウンド向け店舗の新規出店、残額を借入金の返済資金に充てる。

■ハブ <3030> [JQ]
11月既存店売上高は前年同月比0.4%減と、5ヵ月ぶりに前年実績を下回った。

■Bガレージ <3180> [東証M]
上期経常は一転6%減益で下振れ着地。

■すかいらーく <3197>
11月の既存店売上高は1.9%減と今期初めて前年を下回った。

■ケミプロ <4960> [東証2]
東証と日証金が8日売買分から信用取引に関する臨時措置を強化する。東証は委託保証金率を現行の50%以上(うち現金を20%以上)→70%以上(うち現金を40%以上)に、日証金も同様に貸借取引自己取引分などの増担保金徴収率を現行の50%(うち現金を20%)→70%(うち現金を40%)とする。

■倉元 <5216> [JQ]
東証と日証金が8日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。東証は委託保証金率を現行の30%以上→50%以上(うち現金を20%以上)に、日証金も同様に貸借取引自己取引分などの増担保金徴収率を現行の30%→50%(うち現金を20%)とする。

■東芝 <6502>
同社の過年度決算の修正に対し、証券取引等監視委員会が73.7億円の課徴金納付命令勧告を行った。

■日本インター <6974> [東証2]
11月売上高は前年同月比26.0%減と2ヵ月連続で前年実績を下回った。予算比でも21.8%減だった。

■ナ・デックス <7435> [JQ]
上期経常が40%減益で着地・8-10月期も65%減益。

■ヒマラヤ <7514>
11月ヒマラヤ既存店売上高は10.0%減と、2ヵ月ぶりに前年実績を下回った。

■白銅 <7637>
今期経常を一転21%減益に下方修正、配当も12円減額。

■ピジョン <7956>
8-10月期(3Q)経常は10%減益。

■トーホー <8142>
2-10月期(3Q累計)経常が14%減益で着地・8-10月期も9%減益。

■オートバクス <9832>
11月既存店売上高は前年同月比5.9%減と、2ヵ月ぶりに前年実績を下回った。

 【好悪材料が混在】 ―――――――――

■アース製薬 <4985>
今期経常を一転19%減益に下方修正。また、ペット用品大手で家庭用園芸用品も手掛けるジョンソントレーディングの議決権比率35%の株式を取得する。取得価額は6.1億円。

※12月7日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2015年12月7日]

株探ニュース

日経平均