市場ニュース

戻る
2015年12月07日10時05分

【材料】シンバイオ製薬が反発、リゴサチブ経口剤のアザシチジンとの併用による第1相臨床試験を開始

シンバイオ 【日足】
多機能チャートへ
シンバイオ 【日中足】

 シンバイオ製薬<4582>が反発、一時前週末比14円高の215円まで買われている。同社はこの日、午前8時に抗がん剤「rigosertib(リゴサチブ経口剤)」の高リスク骨髄異形成症候群(MDS、Myelodysplastic syndromes)を対象としたアザシチジン(ビダーザ、販売元は日本新薬)との併用による国内第1相臨床試験を開始したことを発表した。同社はリゴサチブ経口剤単剤による国内第1相臨床試験を今年6月に終了しており、今回、造血幹細胞移植が難しいMDSの患者に対する第1選択薬として使用されているアザシチジンとの併用による臨床試験を進める。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均