市場ニュース

戻る
2015年12月04日18時14分

【特集】アクセル Research Memo(6):配当性向は75%の水準、収益拡大に伴う配当成長に期待


■株主還元策

アクセル<6730>の株主還元策は原則として配当で行っていく方針としている。配当性向50%を基準とし、この基準によって算定した配当額が減配となる場合には、利益剰余金の状況(販管費の3年分は内部留保とする)を勘案した上で、従前の配当水準を考慮しながら決定するとしている。

2016年3月期の1株当たり配当金は10.0円と前期の55.0円から減配となるが、配当性向では75.2%の水準となる。今後収益の拡大により、配当性向が50%を下回ってくれば、再び配当成長が期待されることになる。

また、同社は2015年5月から9月にかけて資本効率向上を目的とした自己株式の取得(121万株、2,000百万円、発行済株式数の9.8%)を行い、11月2日に全株消却を実施した。その他、同社はコーポレートガバナンス・コードの対応についても公表している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均