市場ニュース

戻る
2015年12月04日13時38分

【材料】海運セクター---業種別下落率トップ、野村證券が格下げ

n 【日足】
多機能チャートへ
n 【日中足】


海運セクターは業種別下落率トップ。野村證券では、大手3社の投資判断を一斉に「バイ」から「ニュートラル」に格下げしている。景況感減速によって需給改善期待が後退、業績予想を下方修正しているようだ。各社ともに17.3期は経常2ケタ減益見通しとしている。バルチック指数が3%近く下落していることなどもマイナス材料に。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均