市場ニュース

戻る
2015年12月04日08時21分

【市況】25日線レベルでの攻防/日経225・本日の想定レンジ


[本日の想定レンジ]
 3日のNY市場は下落。週間新規失業保険申請件数が予想に一致したことで買いが先行したものの、欧州中央銀行(ECB)が発表した金融緩和策が期待外れだったとの見方から、欧州株が全面安となった流れを受け、下落に転じた。ダウ平均は252.01ドル安の17477.67、ナスダックは85.70ポイント安の5037.53。シカゴ日経225先物清算値は大阪比395円安の19545円。

 シカゴ先物にさや寄せする格好からのギャップ・ダウンにより、25日線レベルでの攻防になろう。一目均衡表では転換線を割り込んでくる。新値足はふただび陰転する可能性が高く、方向感を掴みづらくさせよう。パラボリックも陰転シグナルを発生させてくる。もっとも、MACDは陰転シグナルが継続していたこともあり、トレンドが一気に悪化したといった見方にはならないだろう。19500-19800円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 19800円-下限 19500円

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均