市場ニュース

戻る
2015年11月09日08時22分

【市況】NY金先物週間見通し:もみあいか、ポジション調整的な買いが入る可能性


■NY金先物
安値:1,084.50ドル
高値:1,142.70ドル
終値:1,087.70ドル
前週末比(騰落率):-4.70%

■軟調推移、米利上げ期待やドル高進行が嫌気される

NY金先物は軟調推移。6日発表された米10月雇用統計は、非農業部門雇用者数が市場予想を大きく上回る伸びを記録したことや12月の利上げ期待で米ドル高が進行したことが要因。インフレ鈍化に対する市場の警戒感は低下し、長期金利が上昇したことで金に強い売り圧力がかかった。


■もみあいか、ポジション調整的な買いが入る可能性

想定レンジ:1,070.00~1,095.00ドル

金先物はもみあいか。12月利上げを完全に織り込む相場展開となっており、大幅反発は期待できない。ただし、米利上げによる金融市場混乱の可能性は残されている。また、年内利上げを想定していた投機筋が売りポジションの一部解消に動くとの見方が出ており、金先物はやや下げ渋る可能性がある。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均