市場ニュース

戻る
2015年11月04日06時42分

【市況】NY株式:ダウは89ドル高、堅調な原油相場を好感


3日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は89.39ドル高の17918.15、ナスダックは17.98ポイント高の5145.13で取引を終了した。一部企業の軟調な決算が嫌気され、朝方は小幅下落して始まったものの、9月製造業受注指数が概ね予想と一致したほか、堅調な原油価格や10月新車販売台数の伸びも好感され、緩やかに上昇する展開となった。セクター別では、エネルギーやテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方で食品・飲料・タバコや不動産が下落した。

原油相場の上昇を受けて、エクソン・モービル(XOM)やシェブロン(CVX)などエネルギー関連企業が堅調推移。アパレルのアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(AEO)は利益見通しを引き上げ、上昇。10月新車販売台数が大幅増加となり、フォード(F)やGM(GM)などの自動車メーカーが買われた。一方で、保険大手のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)や携帯電話のスプリント(S)は決算内容が嫌気され、下落した。

10月新車販売台数は米自動車メーカーを中心に売上が前年同期から2桁上昇となった。低金利や原油安を背景に、大型で高価格な自動車の販売が好調となった。前年同月より週末が1回多かったことも販売台数の押し上げに寄与した。



Horiko Capital Management LLC

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均