市場ニュース

戻る
2015年10月27日16時25分

【市況】【↓】日経平均 大引け|3日ぶり反落、短期過熱・米中対立を警戒 (10月27日)


日経平均株価
始値  18961.16
高値  18964.99(09:00)
安値  18760.79(14:54)
大引け 18777.04(前日比 -170.08 、 -0.90% )

売買高  18億9876万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆1764億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は3日ぶりに反落
 2.短期過熱、米中対立を警戒で利益確定売り
 3.資源・エネルギー株、輸出関連株の下げが目立つ
 4.東証33業種のうち上昇は内需関連の2業種のみ
 5.アップル決算発表(27日)を控え、アルプスなど関連株に売り


■東京市場概況

 前日の米国市場では、FOMCやGDP発表を控えて様子見気分が広がる中、ダウは23ドル安と3日ぶりに反落した。

 東京市場では、日経平均は170円安と3日ぶりに反落した。14円高と小幅続伸して始まったものの、米株安や円相場の強含みを受けて利益確定売りが優勢となり、寄り付き直後に天井を打つとマイナス圏に沈んだ。東証1部の売買高は18億株台と活況の節目とされる20億株を連日下回った。

 前日まで2日間で511円上げ、騰落レシオ(26日現在、25日平均)が131%へ上昇したことで、短期過熱に対する警戒感が強まった。また、決算発表の本格化に加え、FOMC(29日未明結果発表)、日銀金融政策決定会合(30日)といった重要イベントを前に買い手控えムードも広がった。

 石油資源 <1662> やJX <5020> 、三菱商 <8058> などの資源・エネルギー株が売られ、新日鉄住金 <5401> や村田製 <6981> 、DMG森精機 <6141> といった輸出関連株も安い。セブン&アイ <3382> や塩野義 <4507> など内需系ディフェンシブ関連株の一角は堅調だったものの、東証1部の7割超の銘柄が下げる中ではその浮揚力は限られた。

 上海総合が4日ぶりに下落に転じたことも投資家心理を弱気に傾け、日経平均は下げ幅を拡大。米国が南シナ海で中国の建設した人工島12カイリ内にイージス艦を派遣し、両国間の緊張の高まりが懸念されたことも追い打ちとなり、下げ幅は一時186円に達した。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はセブン&アイ <3382> 、塩野義 <4507> 、オリンパス <7733> 、NTTデータ <9613> 、花王 <4452> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約15円。

 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はファナック <6954> 、TDK <6762> 、ファストリ <9983> 、ダイキン <6367> 、京セラ <6971> 。押し下げ効果は約53円。

 東証33業種のうち上昇は小売業、医薬品の2業種のみ。下落率の小さかった上位5業種は(1)電気・ガス業、(2)陸運業、(3)食料品、(4)空運業、(5)ゴム製品。一方、下落率の大きかった5業種は(1)石油石炭製品、(2)鉄鋼、(3)鉱業、(4)保険業、(5)海運業。

■個別材料株

△寿スピリッツ <2222>
 今期経常を2期ぶり最高益に31%上方修正。
△エレマテック <2715>
 今期最高益予想を10%上乗せ、配当も8円増額。
△セブン&アイ <3382>
 「米サード・ポイントが株取得」と報道。
△駅探 <3646> [東証M]
 上期経常を一転17%増益に上方修正。
△フライト <3753> [東証2]
 北米でカード決済装置の新製品を発売。
△昭和システム <4752> [JQ]
 上期最高益予想を33%上乗せ。
△ブランジスタ <6176> [東証M]
 「秋元康氏と『AKB48』関連ゲームを開発」と報道。
△鉱研工業 <6297> [JQ]
 今期経常を29%上方修正。
△足利HD <7167>
 「常陽銀 <8333> と経営統合」と報道。
△タカラレーベ <8897>
 上期経常が6倍増益で着地。

▲アイリッジ <3917> [東証M]
 東証が信用規制。
▲アドテスト <6857>
 今期税引き前を37%下方修正。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ネクシィーズ <4346> 、(2)エレマテック <2715> 、(3)グランディ <8999> 、(4)石川製 <6208> 、(5)フォーバル <8275> 、(6)日本空港ビル <9706> 、(7)アイスタイル <3660> 、(8)フュージョン <4845> 、(9)タカラレーベ <8897> 、(10)フジッコ <2908> 。

 値下がり率上位10傑は(1)岩崎電 <6924> 、(2)住友理工 <5191> 、(3)エムスリー <2413> 、(4)トランコム <9058> 、(5)北国銀 <8363> 、(6)GMB <7214> 、(7)Jディスプレ <6740> 、(8)日デジタル <6935> 、(9)山一電機 <6941> 、(10)クラリオン <6796> 。


【大引け】

 日経平均は前日比170.08円(0.90%)安の1万8777.04円。TOPIXは前日比15.88(1.02%)安の1543.11。出来高は概算で18億9876万株。値上がり銘柄数は412、値下がり銘柄数は1400となった。日経ジャスダック平均は2569.56円(8.86円安)。

[2015年10月27日]

株探ニュース

日経平均