市場ニュース

戻る
2015年10月15日03時14分

【市況】NY金:続伸で1179.80ドル、利上げ観測後退、株安、ドル安で買い


NY金は続伸(COMEX金12月限終値:1179.80↑14.40)。1164.10ドルから1180.20ドルまで上昇した。この日発表の米国の9月小売売上高が予想を下回る伸びにとどまり(8月分は下方修正)、9月生産者物価指数も予想以上の下落となったことで、米連邦準備理事会(FRB)の年内利上げ観測後退による金の買いが強まった。


また、中国のインフレ指標低下で需要低迷が再認識され、欧米株安になったことによる安全資産としての買い。米国10年債利回りが2%を割り込んで、ドル安になったことによる割安感からの買いも加わった。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均