市場ニュース

戻る
2015年09月18日10時32分

【材料】日本ハムが続落、国内大手証券が目標株価引き下げも、強気の投資スタンスを継続

日ハム 【日足】
多機能チャートへ
日ハム 【日中足】

 日本ハム<2282>が続落。前日比64円(2.5%)安の2455円まで売られている。きょうは、SMBC日興証券が同社の目標株価を大幅に引き下げたことが確認されている。
 同証券は同社について、「16年3月期以降の業績予想を減額修正し、目標株価を従来の4920円から3480円へ29%引き下げる」としている。ただ、投資評価は「1」(アウトパフォーム)を継続。「豪州では世界の旺盛な牛肉需要に沿って肉牛の処理頭数が拡大してきたため、一時的に肉牛需給がひっ迫している」などとしたうえで、同社の豪州事業を中心に業績予想を減額している。ただ、食品株における同社の株価の割安感が強いことや、コーポレートガバナンスの改善にも期待できることなどを考慮し、「強気の投資スタンスを継続する」としている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均