市場ニュース

戻る
2015年09月14日08時30分

【市況】日米金融政策の結果見極め、中小型株中心に押し目狙い強まるか/オープニングコメント


 14日の東京市場はこう着感の強い相場展開になろう。11日の米国市場では利上げ観測の後退を受けて、NYダウ、ナスダックともに上昇。シカゴ日経225先物清算値は大阪比80円安の18090円だった。まずはシカゴ先物にさや寄せする格好から、売りが先行しよう。9月SQ値は18120円辺りであり、これを割り込んでくるようだと、売り仕掛け的な動きもでてきそうだ。

 もっとも、今週は日米金融政策に市場の関心が集まることになる。14、15日には日本銀行が金融政策決定会合を開く。米国では16、17日に連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれる。また、FOMC前には15日に8月の米小売売上高、9月のNY連銀製造業景気指数、8月の米鉱工業生産指数、16日に米消費者物価指数が発表される。

 国内については、日銀による政策決定会合でのサプライズを期待する向きは少ない。とはいえ、期待されていない分、黒田日銀総裁の記者会見で追加緩和の可能性に関する発言が出てくるようだと、市場は好反応を見せてくる。米国については、9月のFOMCにおいて利上げが再開されるかが注目されており、その前に発表される小売売上高など各指標内容に対しても敏感に反応しやすいだろう。

 なお、先週末には日銀の追加緩和期待などもあり、小売や水産農林、不動産、その他金融、証券、サービス、銀行、陸運といった内需系が強い値動きをみせていた。それ以前には内需系に対するファンドの解約とも取れる利益確定が強烈だっただけに、調整も一巡した感がある。シカゴ先物にさや寄せ後は、中小型株などを中心とした押し目買いの動きが強まる可能性もありそうだ。
《AK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均