市場ニュース

戻る
2015年09月10日12時28分

【材料】Jフロント、欧州系は3~8月期累計営業利益は会社計画を上回ると予想

Jフロント 【日足】
多機能チャートへ
Jフロント 【日中足】

 J.フロント リテイリング<3086>が反落。売り気配で始まり、安いところでは前日比79円安の1744円まで下落。全面安の中、その後もマイナス圏で推移している。
 欧州大手証券では、3~8月期累計の営業利益を前年同期比17%増の215億円(会社計画は195億円)と予想。大丸松坂屋の3~8月期累計の増収率は2.1%増となり、「インバウンド需要や富裕層消費の拡大を受けて会社計画の1.3%増を上回った」とコメント。
 「心斎橋店北館・南館、梅田店での顧客維持が見込まれるほか、銀座、上野の再開発開業も収益に寄与する見通し」とみて、増益基調は継続可能と予想。レーティング「バイ」、目標株価2600円を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均