市場ニュース

戻る
2015年08月28日10時18分

【市況】概況からBRICsを知ろう~ロシア株式市場は続伸、欧州株高を好感


【ブラジル】ボベスパ指数 47715.27 +3.64%
27日のブラジル株式市場は続伸。主要指標のボベスパ指数は前日比1677.20ポイント高(+3.64%)の47715.27で取引を終えた。46038.08から47996.65まで上昇した。指数構成銘柄での値上がりは62、値下がりは4であった。

27日の上海総合指数が6日ぶりに反発し、5.3%高で引け、中国政府による経済および株価下支えの姿勢が好感され、ブラジル株の大幅高につながった。なかでも、原油の大幅反発を受けて石油ガス大手のペトロブラス(PETR3)が大幅高となり、鉱山大手のヴァーレ(VALE3)も鉄鉱石需要の回復期待から大幅高となり、指数の上昇をけん引したもよう。

【ロシア】MICEX指数 1695.22 +2.06%
27日のロシア株式市場は続伸。主要指標のMICEX指数は前日比34.27ポイント高(+2.06%)の1695.22で取引を終了した。1670.44から1697.21まで上昇した。

27日の上海総合指数が6日ぶりに反発し、5.3%高で引けたこと。それを受けて欧州主要株式市場が3%超上昇して引けたことが好感され、ロシア株も連れ高になった。中国株反発で需要の回復期待から、ブレント原油が46ドル台まで急上昇したことも(前日終値43.14ドル)、ロシア株の押し上げにつながった。

【インド】SENSEX指数指数 26231.19 +2.01%
27日のインドSENSEX指数は反発。前日比516.53ポイント高(+2.01%)の26231.19、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同157.10ポイント高(+2.02%)の7948.95で取引を終えた。

終始プラス圏で推移し、終盤に上げ幅を拡大させた。SENSEXが約1年ぶりの安値水準を更新しており、値ごろ感から買い戻しが先行。また、前日の米株式市場が反発したことや、中国本土市場が大幅に反発したことなど外部環境の改善も支援材料となった。

【中国本土】上海総合指数 3083.59 +5.34%
27日の上海総合指数は大幅に値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比156.30ポイント(5.34%)高の3083.59ポイントと6日ぶり反発した。心理的節目の3000を回復する。

自律反発狙いの買いが優勢。上海総合指数は昨日までの5日続落で累計23%も下落していたため、値ごろ感が着目された。人民銀行(中央銀行)の資金供給スタンスも買い安心感を誘う。人民銀は27日の定例オペ(原則として火曜と木曜)で、火曜日に続き多額の資金を市場に投入(週間では600億人民元の供給超)。昨日も、短期流動性オペ(SLO)で1400億人民元を市場に供給している。

《NH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均